2005年06月18日

孤高の戦士ネドヴェド

チェコ、ユーヴェの不動のミッドフィルダー。大好きな選手です。
あのダイナミックなプレー、無尽蔵のスタミナ、そしてあのヘアースタイル。

2002-2003チャンピオンズリーグでは準決勝でまさかのイエローカード。ファイナル出場を決めたチームの中、唯一涙でピッチを後にしたあの姿は今も忘れません。

そして迎えたミランとのイタリア勢同士の決勝は0-0が続く緊張感のある試合。
90分、延長30分があっと言う間でした。途中、疑惑のシェフチェンコのゴールもありましたが、オフサイドの判定。結局延長も含めて決着がつかずPKへ。
PKはミランGKジダの神がかりなセーブもあってミランが大会を制覇。特にモンテーロはPKを蹴る前に既に落ち着かない様子だったのも覚えています。ジダに神が降りてきた瞬間だったのでしょう。

六本木のスポーツカフェで観ていたのですが、試合中は騒がしかった両チームのサポーター達も試合終了とともに明暗くっきり。

試合後、友達と店をあとにし、店の外で出あったミランユニフォーム着用の外国人がゼブラのユニフォームを持ちながら脱力感に溢れていた自分に近寄って来た。
そして一言。

『NICE GAME!』

その言葉にいやみは無く、思わずハイタッチしていました。
もし、あの決勝のピッチにネドヴェドが立っていたら…

"たら・れば"はスポーツでは厳禁。それでもその時は本当にそう思いました。くやしいとか悲しいとかそういう感情から思ったのでは無く、ただ単純にファイナルでのネドヴェドのプレーが観たかった。

その後2003-2004,2004-2005のCLファイナルにもネドヴェドの姿はありません。
いつまで「不運」とか「不幸」、「孤高」とかの枕詞がネドヴェドを語る時に使われるのか。

そろそろCLファイナルで彼の勇姿を見たいです。堂本剛 大泉洋 貴乃花 赤い疑惑 因島 

=さらなるサッカー注目情報=

サッカーブログランキング

サッカーマニア系リンク集

今なら0円スタート スカパー!

お買得新作・レアユニフォーム一覧


>>No.1 サッカーショップBEST <<

サッカーブログ football etcx 11:19 | Comment(0) | Track Back(0) | グッズ・レア&記念モデル | Ranking | Home
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。