2006年05月18日

CL決勝 アーセナルvsバルセロナ

ついに決まりました、優勝が。結果は1-2、バルサの逆転勝利。

アーセナルも一人少なくなりながらも必死にリードを保ってましたが、守らなければならない状況と最終的にはスタミナの消耗が響いて残念な結果になりました。

いきなりのレーマンの退場、途中出場のラーションの活躍がこの試合のおおきなポイントでしたね。まぁレーマンはやっぱりレーマンと言ったところでしょうか・・・。

それと去年のリバプールとミランのCLに共通したところも少し感じました。

先制点がまさかのマルディーニ。今期決勝はキャンベル、ともにDF。

逆転劇、リバプールは確か3分で3点差をイーブンに。バルサは3、4分で2点取って勝ち超し。

そしてGKデュデクの活躍、レーマンの失敗。

こんなとこがちょっと共通だったかも。

=さらなるサッカー注目情報=

サッカーブログランキング

サッカーマニア系リンク集

今なら0円スタート スカパー!

お買得新作・レアユニフォーム一覧


>>No.1 サッカーショップBEST <<

サッカーブログ football etcx 21:58 | Comment(0) | Track Back(0) | サッカーニュース&雑記 | Ranking | Home
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL http://blog.seesaa.jp/tb/17993618
PR:効果的なアクセスアップとトラックバック先探しならブログランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。